こぐま犬と散歩

こぐま犬と散歩〜元保護犬の日記〜

見た目が小熊なMIX犬のマンガ日記

【マンガ】折れ耳猫「スコティッシュ」の悲しいニュースとペットの遺伝病

ご訪問ありがとうございます。

ヤフーニュースにこういう記事が出ているのを読みました。

今、空前の猫ブームですが、その中でも人気のスコティッシュフォールド。タレ耳が可愛くて遊び好きで知られています。

このニュースであの折れ耳が遺伝性疾患だと知りました。骨軟骨形成不全症というそうです。しかも発症すると四肢に一生痛みが出るという話です。

実は折れ耳は、骨軟骨形成不全症の症状のひとつ。症状に程度の差はあるが、四肢に骨瘤(りゅう)ができて脚を引きずって歩くようになるなどし、鈍痛に苦しみ続ける、根治困難な病気だ。

この病気は優性遺伝する遺伝性疾患。つまり、折れ耳同士で繁殖すれば75%以上の確率で折れ耳の子猫が生まれ、折れ耳と立ち耳を繁殖した場合でも50%以上の確率で折れ耳が生まれる。これをペット店の店頭で売られている「折れ耳の子猫」の側から見ると、両親または片親は必ず折れ耳だということになる。

スコ座りという、ちょっとポテっと座る座り方が可愛いというのは知っていましたが、こんなに体に辛い症状が出る遺伝子疾患を抱えているなんて知りませんでした。

この病気は遺伝性ということは、繁殖させることが動物愛護法に抵触する恐れがあるということですが、ではなぜ繁殖させるのか…それは売れるからですよね。

「ブーム」というものは生き物に対して発生するととても恐いものだと思います。

欲しい人がたくさんいるなら、たくさん産ませよう、そして売ろうとする人が出てきて、その結果余る子たちや無理な繁殖によってこうやって遺伝性疾患を抱えた犬猫が産まされます。

誰かが「買った」時点でその動物は「売れる商品」になります。その結果がこのニュースのような内容になるということですね…。

今年の1月にクローズアップ現代で「ペットの遺伝病の闇」が放送されました。こちらは犬の遺伝病が中心の内容でしたが、今回のスコティッシュの問題と同じでした。その内容をまとめてみました。

f:id:chairoitenten:20170725200635p:plain

 

f:id:chairoitenten:20170725200707p:plain

現在、猫を飼うきっかけの1位は「野良猫を拾う」だそうです。これが猫ブームによって「買う」が1位になるとこういうニュースが増えてしまうかもしれません。

人気の猫TOP5は?というようなニュースもよく目にするようになりました。

どうかこれ以上悲しいi犬猫が増えないようにと祈る気持ちです。