こぐま犬と散歩

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぐま犬と散歩〜元保護犬の日記〜

見た目が小熊なMIX犬のマンガ日記

【一コマ犬マンガ日記】志村どうぶつ園を観る5

マンガ以外 マンガ以外-TVの感想

TV番組「志村どうぶつ園」を観た感想5回目です。

「ぺこ&りゅうちぇる犬を飼う」というコーナーが楽しみで

続けて見ているんですが、まずはその前のコーナーに

出てきたミニチュアホースについて。

 

もう、可愛くて可愛くて(σ´Д`)σ・・・・…━━━━☆ズキューン!!

優しい顔をした子馬が抱っこされてる姿はたまりませんでした。

 

もともと馬ってすごい可愛い動物なのに、それが

あんなフサフサでダッコできるなんて最高です。

あ〜抱っこしてみたい・・・。

あれは、あの大きさから大きくならないんでしょうか。

出演していた、そらまめちゃんは写真集も出てるんですね。

 

とびきり小さなお馬さん そらまめ

とびきり小さなお馬さん そらまめ

 

 

ミニチュアホースといえば、アメリカでは盲導馬として

活躍してる子もいるんですよね。

 

 

盲導犬として立派に仕事が出来るまでに成長した犬だと

現役を引退するまでの期間が短くて、目の不自由な方の

人生を考えると一緒に入られる時間が短いのが辛いですよね。

その点、馬なら寿命が30年と長いので、一頭で長く

介助ができるのが良いとか。

他には、馬は目が横についているので犬よりも視野が広く、

広範囲の安全を確認できるのも利点だそうです。

 

 

yuki-wan.at.webry.info

 

馬はとても賢い動物で、人の感情を敏感に察知することが

出来るので、盲導に向いているというのもうなずけます。

 

ただ、馬を日本で住宅街で飼うのはとても難しい気がします。

まずアメリカと違って靴を脱いであがる家の中には

入れられないでしょう。床が傷んでしまいますし。

また、馬は犬と違って歩きながら排泄をしますので

目の不自由な方がそれを拾って歩くことはできませんよね。

獣医さんも馬を診ることが出来る人は限られているでしょうから

その点も難しそう。

北海道なら大丈夫なんでしょうか?

 

でも、こうやって日本でミニチュアホースが注目されるように

なってきたら、問題点がクリアされ、

ペットだけではなく盲導馬として

街中で働く馬を見ることが出来るようになるのかもしれませんね。

見てみたいです。(´∀`*)

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、今回の

「ぺこ&りゅうちぇる犬を飼う」コーナーの感想です。

 今回はまず、ぺこちゃんが一人でお散歩をするシーン。

お散歩が上手でしたよね〜。

サリーがちゃんとアイコンタクトを取ってることに感動しました。

引っ張りグセはまだまだですが、名前を呼んで目が合って、

すぐに褒めてるのがすごく良かった〜。

これでサリーはアイコンタクトを取ると良いことがあると覚えるので

人の目を見る子になりますよね。(´∀`)

また、施設の人もコメントしてましたが声が良い!

はっきりした高い声は犬には良く聞こえるし、感情が読み取りやすい。

 

てんすけが大大大スキな飼い主さんがいるんですが、

その人も、高い声+はっきりした口調+リアクションが大きい

で、何を指示されているのかがわかりやすいのか、

とても言うことを聞きます。

褒められるときもオーバーリアクションで高い大きな声で

褒めてもらえるので嬉しそう。

おかげで色々覚えました(笑)

こういうのとか↓

suzumetengu.blog.fc2.com

こういうのとか↓

suzumetengu.blog.fc2.com

それを見ているので、今回サリーが良く言うことを聞いたのは

納得です。

話は違いますが、外国人が好きなために外国人の外見にしている話は

そうだったのかと納得しました(笑)

f:id:chairoitenten:20160926131412p:plain

そして一緒にドッグカフェに行った時、

全く他の犬に吠えたり威嚇したりすることなく、

おとなしく匂いをかがれていましたね。

今回の企画がはじまって見だしてから、サリーは一度も

吠えていません。

緊張したり怖がったりはしていても、その時に攻撃しないのは

すごく良い犬だと思いました。

たくさんの保護犬と一緒に施設にいたので、社会化が出来ていて

犬社会でもトラブルなく過ごすことが出来る子

になっているんだと思いました。

 

サリーの顔を見ていると、バセンジーが入っているような

気がするので、元々あまり吠えない子なのかもしれませんね。

tsunayoshi.tokyo

私の勝手な想像ですが(;^ω^)

f:id:chairoitenten:20160926131433p:plain

その後、ご飯をあげるときにちゃんとオスワリが出来たこと、

待てが出来たこと。

人の言葉を理解しようとする能力が長けているので

とても頭の良い子だと思いました。

りゅうちゃるさんは待てが出来ていませんでしたが、

あれはやり方がダメでしたね(笑)

面白かったけれど(笑)

 

今回はお留守番もちゃんと出来ていたし、

ほんの数日ですごく懐いて、おかえりの歓迎が可愛くて

とっても良い家族になっているように見えました。

二人も犬と暮らすのを楽しんでいるし、わからないことや

施設の人のアドバイスも素直に聞いて実行されているし

この二人と暮らしたらサリーは幸せだと思います。

 

最後のりゅうちぇるさんと二人で散歩に行くシーンで

低い声でメリハリをつけていたのが面白かった〜。

 

今回もとても楽しかった。

次回も楽しみです(´∀`)

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...