こぐま犬と散歩〜元保護犬の漫画日記〜

見た目が小熊な元保護犬のマンガ絵日記

【犬漫画】愛犬たちと行く秋の武田尾廃線ウォーキングその1

f:id:chairoitenten:20201113190645j:plain

ご訪問ありがとうございます。

 

ようやく暑い夏が終わり、ワンコたちが元気に過ごせる季節がやってきました。

ということで、仲良しのわんこグループで秋のハイキングに行ってきました。

 

行った先は、国鉄武田尾駅跡から続くJR福知山線廃線敷のハイキングコース。

福知山線廃線敷ウォーク | モデルコース | 兵庫県公式観光サイト HYOGO!ナビ(ひょうごツーリズムガイド)

 

武庫川の渓谷沿いに続く約4.7㎞の廃線敷、長らく立ち入りが禁止されていましたが、現在はハイキングコースとして一般開放されています。

 

良い季節なら紅葉も楽しめるところです。ちょっと紅葉のシーズンには早かったのですが、

わんこにとっては良い季節( ´∀`)

 

こちらのリンク先からマップがダウンロード出来るので、

行く方はPDFファイルをスマホに入れておくと便利です。

JR福知山線廃線敷 -ハイキングコースについて | 西宮観光協会

なぜPDFで…?

と思われるかもしれませんが…

 

山の中はネットが繋がりません。

 

電話は出来るんですが、奥の方だとネットで検索が出来ないので、

ファイルを入れておいた方が良いかなと思います。

一本道なので迷うってことはないと思うんですが、歩いてると今どのへんだろーと

思うときがありますので…。

 

宝塚市立武田尾駅前駐車場で集合

さて、集合は武田尾駅前の駐車場。台数が7台までしか入りませんので

早めに行くことをオススメします。

 

ハイキングコースの手前にある公共のトイレ前で集合。

人間はここで済ませておいたほうが良いです。(わんこたちは山の中で出来ますが…笑)

 

トイレに入った飼い主を待つ犬

飼い主が入ってる間他の人が持ってます。

橋を渡ってレッツゴー!

 

廃線ウォーキングという名の通り、古い枕木が残されていて、とても風情があるコース。

でも枕木の間は砂利なので、早速Mダックスのお友達が歩きづらそうにしています。

大型犬たちとてんすけは平気。

廃線ウォーキングする犬

ちびたちにはちょっと枕木が邪魔

犬と行く廃線ウォーキング

枕木のない部分を歩けば大丈夫。



確かにこのコースを歩くのは小型犬で足の小さい子は歩きづらそう。

なるべく枕木の上を歩かせてましたが、時々抱っこされていました。

 

残念ながら紅葉は早かったんですが、もしちょうどキレイに色づいている時なら

混んでいて大勢の犬たちを歩かせるのは難しかったかもしれないのでベストな時期でした。

 

廃線ウォーキングする犬たち

川沿いで勢揃い

 

てんすけは以前京都に行ったときにも書きましたが、

基本的に山の中とか自然をひたすら歩き回るっていうのはあまり好きじゃないです。

(走ったり遊んだりするのは大好きです。)

だから、私達だけで来たらもしかしたら途中で飽きて歩かなくなっていたかもしれない平坦なコース。

 

川沿いで笑顔の犬

たぶんねー

それが友達たちと一緒だといつまでも歩く歩く

全く足が止まらず、ストライキもしません。こういうところ、やっぱり「群れ」なんだなあと

思います。

自分が匂いを嗅いだり、ちっこしたりして止まっている時、

みんなが先に行ったら慌てて追いかけてました。

廃線跡を歩く犬

ガンガンいくよー


途中の広場にある顔出しパネル。

顔出しパネルに顔をはめる犬

べー

これはやるでしょう…。ワンコたち代わる代わるやらされていました。

 

頭上注意の看板

不穏な看板

そしてひとつめの長尾第三トンネル。(生瀬駅から数えるのでこちらは第三になります)

確かに真っ暗でしたが、短めだったので難なくクリアー。

トンネルをくぐる人と犬

意外と歩くわんこたち

 

その後に続く長尾第二トンネル、第一トンネルと続き、

一番長い第一トンネル(307m)は、足元も見えない真っ暗闇が続きます。

事前に懐中電灯を持ってきてたほうが良いと言われていたのですが、

持っていった懐中電灯がとても弱く、結局携帯のライトで足元を照らして歩きました。

トンネルを歩く犬と人

真っ暗です。


 

犬たちは真っ暗で怖がるかと思ったんですが、

意外と平気でずんずん歩いてくれて、大丈夫でした。

 

このコースは一本道なので、初めの広場と次の親水広場以外は留まる場所がなく、

みんな途中途中のベンチでお弁当を食べたりしていました。

 

どんどん行くと橋があります。

武田尾廃線コースの鉄橋

味がある。

鉄橋と犬たち

全員揃ったところで記念撮影


 

ゴールは次の駅なので、一番高齢の大型犬わんこのことを考えて、

適当なところで引き返すことに。

てんすけと違って大型犬ちゃんは抱っこできないですからね…。

 

今回、山の中を歩くのできっと色々くっつけてくるだろうと

想定して、タンクトップを着せてきました。

 

が。

ひっつき虫を付けた犬

見えるかな?

犬についた種を取る人

犬にくっついた種を取る人

手で取るんだけど手にベタベタつく。




付くのって顔や手足やしっぽ…つまり服を着せていないところに付くんですよね~~~。

 

また取ってもなんだかベタベタしたものが付いて…。

 

ひっつきむし

犯人の姿

明日トリミングで良かった…と思いましたよ。

そうじゃなかったら家でシャンプーですね…。

 

飼い主の思惑とは別に楽しそうなわんこたち。

 

くっつき虫を付けたボーダーコリー

ひっつきむしを付けた犬

何故か嬉しそうな犬たち

うん、この笑顔が見られたらもういいや!という気持ちになります。

 

大中小各種取り揃えてたわんこたちが一緒に歩いてると目立つらしく、

たくさん声をかけてもらいました。

特にやっぱり愛想よしのボーダーコリーとゴールデンの子は人気ですね~。

犬種バラバラな集合写真

わんちゃんだーと言われる子たち


 

てんすけは愛想なしなのでこういう時は控えめです笑

途中、親水広場には急めな階段があったので、てんすけだけチャレンジ。

山の中で笑顔の犬

あそこ降りますよー

 

山間の川に佇む犬

ボクだけ降りました!

 

 

折り返してきて、初めにスタートした橋に戻ってきてゴール!

 

 

さて、人間もお腹が空いてきたのでお昼ごはんタイムです。

 

 

というわけで次回はわんこOKのお店レポートに続きます。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

suzumetengu.hatenablog.com

 

suzumetengu.hatenablog.com

web拍手 by FC2