こぐま犬と散歩〜元保護犬の漫画日記〜

見た目が小熊なMIX犬のマンガ絵日記

【犬マンガ】卒業したらよその家

前回の続きです。

保護犬カフェにトリミングに行ってきた時のお話

 

 

f:id:chairoitenten:20170208173437p:plain

保護犬カフェ天神橋店は2月2日で4周年を迎えました。

てんすけが卒業してから3年近く。こうやって考えると初期メンバーと

言えるかもしれません(´∀`)

 

卒業してから1年ぐらいは、行ってもスタッフの人達に甘えたり

フロアで遊んだり出来たのですが、今では行っても全然落ち着かないようで

持っていったキャリーバッグから出てきません┐(´д`)┌

 

保護犬カフェの系列で、室内ドッグランがあるサロン

が長居にあるのですが、そこで天神橋店のスタッフさんに再会した

時は、カバンの中でしっぽを振って喜んでいました。

Fさんにも再開した時大喜びでじゃれついて行って、

遊んでもらったりもしたんですが、

それももうだいぶ前の話。

 

他の卒業犬もたくさん訪れているようですし、

落ち着いて過ごせている子もいるみたいなのに、てんすけは

どーもダメです。多分、何度か保護犬の子たちに怒られたり

追っかけられたりしたことが原因ではないかと。

保護犬の子たちは社会化ができてない子が多いので、犬見知りが

多いんですよね。

てんすけの感覚ではここはもう実家ではなく、よその家なんでしょう。

なんだか寂しいですが、それだけ今の環境に馴染んでいるって

ことなんですよね。

 

犬は一度飼われた人は忘れないと聞きますし、記憶力もいいはず

なんですが、元保護犬が預かってもらっていた人に会っても

反応しなかったり、喜ばなかったりするそうです。

もう自分はこっちの家の子、と思ってるんでしょうか。

 

てんすけは3ヶ月の頃にカフェに保護されて、

4ヶ月でうちが引き取ったのですが、だいたい3週間ぐらい

カフェで過ごしていたことになります。

でも子犬だったので、その頃のことはあまり覚えてないのかも

しれませんね。ワクチンが済んでいなかったので

ケージの中でしたし…。

 

他の卒業犬たちはどうなんでしょうか。

こういう時話せたら気持ちを聞けるんだけどな〜と

思います。

 

 

保護犬カフェ各店舗案内

 

保護犬カフェの過去の記事はこちら

 

web拍手 by FC2