こぐま犬と散歩〜元保護犬の漫画日記〜

見た目が小熊なMIX犬のマンガ絵日記

【犬マンガ】ショッピングモールに一時預かりされた話

一時預かりされた保護犬の漫画

ご訪問ありがとうございます。

 

去年の話が続きますが、親戚の方とお出かけする用事があり、てんすけも一緒に行ったときのお話です。

お出かけの時は一緒に行けたのですが、急遽出先で食事をすることになり、てんすけを

どこかに預けないといけないことになりました。

外出先で急に決まったことだったので、家に戻って留守番させることもできず、近くのショッピングモール内にあるペットショップで一時預かりしてもらうことに。

"ショックを受けた犬の写真/

なんてこったい…

その時の私の心境は「えーっ(´・ω・`)そんな事してまで食事しなくても帰ってから食べれば…」という感じでしたが、私たちにご馳走してくれると言ってくれている人にそんなことは言えません。

突然決まったことだったし、犬OKのお店は近くにありませんでした。(あったとしてもそこに付き合ってもらうわけには行きませんし)

 

仕方がないので食事の間だけ預かってもらうことにしたのですが、その2時間ほど前にも私と親戚の方だけで買い物をしなければならない時があり、その間は旦那にてんすけと一緒にペットショップの前のベンチでお留守番してもらいました。

 

モール内のペットショップの前フロアはカートに入った状態で犬がいることができるので、てんすけはカートに入って私を待ってくれていました。

その時、旦那が撮った写真がこちらです。

ふわふわした犬の背中の写真

私が行った方向をひたすら見て待っていたそうです。(´;ω;`)ウッ…

カートに入っていたら寝てくれるだろうと思って待っていてもらったんですが、ひたすらオスワリして待っていたと聞いて、思わず心で涙ぐむ私。

 

そして今度はその店に一人で置いておかれることになるのでした。

 

家でお留守番ならまだしも、突然行った知らないお店のケージに入れられるのはかわいそうだったのですが仕方ありません。連れて行かれる時のガ~ン゚(・・;)いう顔は本当に見てて辛かったです…。( ;∀;)ごめんよぉ

 

そして、食事が終わって焦って迎えに行くと、ケージの中で丸まって寝ているてんすけの姿が。私に気づいた途端、透明な扉を内側から叩いてクンクン鳴いてたのを見た時は、。゚(゚´Д`゚)゚。早く出してーという気持ちになりました。

 

出してもらった途端、ダッコしてる店員の腕から逃れてこっちに来ようとし、受け取ると同時に肩までよじ登ってくるてんすけ

たった1時間ちょっとのことでしたが、やっぱり嫌だったんでしょうね。てんすけを預けた時にすでに向かいのケージに入ってたトイプーちゃんが、迎えに行った時私も出して!とキャンキャン鳴いてたのがかわいそうでした。早く迎えが来るといいな。

 

抱っこしてた状態では会計が出来ないので、一旦下に下ろすと慌ててカートに乗ろうとしていましたが、高さがあって飛び乗れないので、「とりあえずここに!」とカートの下部分の荷物を入れるところに必死で入っていました(;´∀`)

ドッグカートに入った犬の写真

もう一刻も早く帰りたいねん

耐荷重的に微妙だったので、お店を出てからカートに乗せ直しました。

 

カートに入ったら安心するんですよね。ここは自分の陣地と思ってるのでしょうか。その後はお留守番させられることもなく無事家に戻ってくつろぐことが出来て、やれやれでした。

安心して眠る犬の写真

こういう時、大きなショッピングモールがあればその中のペットショップは大概犬を預かってくれる、もしくは店内で待つことができるので利用させてもらっています。家で長時間お留守番させられるよりは、知らないところで短時間預けられる方がまだましかなあと思っています。

 

もちろん、知らないところで長時間になりそうな時は初めから家でお留守番してもらっていますけれども。

 

何にせよ、どんなところでも犬と一緒に行けないのが現実なので、こういう所に預けられる時、本犬は嫌だと思いますがおとなしくケージに入っていてくれるので助かります。クレートトレーニングはやっぱりしておいて良かったと思いました。

 

でも、できればどこでも一緒に行ってあげたいですね。

置いて行かれたくない犬の写真

なるべくやめてや

さて、前回のエントリーにたくさんのコメントを頂き、ありがとうございました。 

しかも、欲しいとまで言ってくださる方が何人かいて、嬉しい…!調子に乗りそうになりました。\( ¨̮ )/

 

てんすけグッズを作りたくなってきますね〜。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

web拍手 by FC2